HOME>特集>大家さんと借主の双方に安心のサービスがある

この様に申し込む

家賃債務保証サービスは家賃の滞納リスクを減らしたい大家さんと物件を借りたい人の間に安心を提供するサービスで、この会社のサービスを利用することで部屋が借りやすくなります。家賃債務保証は、借りた人のついうっかりに備える事が出来るサービスで、もしもの家賃滞納の際に代位弁済を行って貰う事が出来るので、無事に家賃を支払う事が出来ます。その後、立て替えた家賃は家賃債務保証会社に手数料とともに支払うことで一件落着となります。このようなサービスを利用することで、大家さんも安心して部屋を貸すことができるというメリットがあります。

安心感が得られる

家賃債務保証会社のサービスに申し込むためには、まずは物件の契約を申し込む不動産会社で、保証会社のサービスに申し込みます。物件によってはこうした家賃債務保証会社のサービス利用を入居条件としている所があるので、その場合はこのサービスに先に申し込み、その後入居申し込みを行うという流れになります。申し込みを受けた家賃債務保証会社では過去の家賃滞納などをチェックして、問題なければサービスの申し込みを了承します。その後は、保証料を支払って家賃債務保証サービスを利用するという流れになり、双方に安心がある賃貸契約を締結することができます。

広告募集中